名医に眼瞼下垂治療を依頼する|すっきりとした目元

切らずに治す

顔

先天性だけではなく加齢も

眼瞼下垂は「がんけんかすい」と読みます。まぶたが上がりにくくなる症状です。まぶたを上げ下げする際に、眼瞼挙筋という筋肉を使います。その眼瞼挙筋を動かすのは、動眼神経です。眼瞼下垂の原因は、眼瞼挙筋か動眼神経のどちらかに異常がおこることによります。眼瞼下垂は先天的に発症している場合があります。遺伝による発症もあります。後天的に発症する場合は、例えば眼の手術をした後などに起こります。加齢による眼瞼挙筋の衰えでも起こります。年を取ると、目が小さくなったと言う話を聞くことがあります。これは眼瞼下垂により、まぶたがあまり上がらないために目が小さく見えてしまうケースも多いようです。眼瞼下垂の状態だと、物が見えずらく、はっきり見ようとするあまり目を細めてしまったり、姿勢を崩しがちになります。

技術力が必要な手術

しかしながら、眼瞼下垂は治らない症状ではありません。手術をすることで治ります。眼瞼下垂の症状が疑われるなら、まずは専門医の診察を受けましょう。眼瞼下垂かのチェック法としては、普段通りに目を開けた状態でも黒目にまぶたが覆いかぶさっているかどうかです。では病院を選ぶ際には、何を基準にしたら良いでしょうか。眼瞼下垂は、状態によっても違いますが、今では切開しない手術が主流になってきました。衰えた眼瞼挙筋を糸で結ぶ埋没式が、その一例です。眼瞼下垂の手術は、高い技術力が要求されます。名医がいる病院を選ぶことが、成功への第一歩です。名医の見つけ方ですが、症例数が豊富かどうかが、ひとつの基準になります。又、名医のいるクリニックでは、積極的に症例写真を公開しています。手術前のカウンセリングが充実していることも、名医の特徴です。