名医に眼瞼下垂治療を依頼する|すっきりとした目元

安心して任せるためには

鏡を見る人

先天性と後天性

眼瞼下垂とは、瞼が上がりにくく、目を十分に見開くことができない状態です。多くは目の筋肉や神経の異常が原因で、先天性のものが多く、遺伝するとも言われています。また、眼球の委縮によっても起こります。いずれの場合も、そのほとんどは片目にだけ起こります。しかし、まれに両目とも眼瞼下垂となることがあります。重症だと視力の発達に影響を及ぼすため、早期の手術が必要となるでしょう。また、後天性の眼瞼下垂もあります。その場合はいわゆるたるみと言われるもので、年齢により瞼の筋力が低下し、目の幅が細くなった状態です。また、疲労やコンタクトの連続着用が引き起こすこともあります。いずれの場合も、手術をするかどうかは、症状の程度によるでしょう。

手術と経過観察

眼瞼下垂の症状が表れたら、名医と呼ばれる医師に診てもらうのがお勧めです。合う治療法や術後の回復については、医師の腕で決まるとも言えるからです。急性の眼瞼下垂は、時に脳動脈瘤や脳梗塞などが疑われます。深刻な病気の予兆として表れることもあり、注意深く観察しなければなりません。そのような場合でも、経験豊富な名医であれば、見抜ける確率が高まるでしょう。既に脳梗塞の手術を行った後、眼瞼下垂となることがあります。この場合は手術せず、経過を見守ることもあります。この時も名医に任せれば、危険な兆候を察知することができるので安心です。処置が必要なタイミングを逃さないでしょう。眼瞼下垂の名医を探すには、関連書籍を上梓しているかどうかが、一つの目安となります。