名医に眼瞼下垂治療を依頼する|すっきりとした目元

傷跡の残らない治療

手術

たるんだ筋肉が原因

眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉がたるむことが原因となっています。眼瞼下垂になると、筋肉のたるみにより、まぶたがしっかりと持ち上がらなくなり、目が半分ほど塞がった状態となります。その分目が小さく見えますし、視界も狭くなるので、眼瞼下垂は美容面でも生活面でも問題となる状態と言えます。そのため昨今では、眼瞼下垂の治療がさかんにおこなわれるようになっています。その中でも特に高い人気があるのが、名医による埋没式の治療です。一般的に眼瞼下垂の治療は、まぶたを切開した上で、たるんだ筋肉を切って短くしたり、縫い縮めたりする方法でおこなわれています。しかし名医なら、まぶたを切開せずに、この治療をおこなうことが可能となっています。具体的には、まぶたの裏側から糸を通し、たるんだ筋肉を縫いながら折りたたんでいくのです。

傷跡やダウンタイム

筋肉は、たるむことで長さが増した状態になっています。しかし名医による治療で折りたたんだ状態になれば、長さは短くなります。短い分、まぶたはわずかな力を入れただけで、持ち上がるようになるのです。切開しないということは、まぶたに傷跡が残らないということです。せっかくまぶたがしっかりと持ち上がるようになっても、そこに目立つ傷跡があれば、美容面での新たな問題が生じる可能性があります。しかし傷跡が残らなければ、その心配がありません。大きく開くようになった目で、魅力をアピールすることも、周囲を広く見渡すことも、できるようになるのです。また、切開しない分、出血も腫れもほとんど生じません。つまりダウンタイムが発生しないということですから、手術後にはすぐに、洗顔など日常生活での様々な行動をおこなえるようになるのです。こういったメリットがあるため、眼瞼下垂に悩む多くの人が、名医の治療を希望しています。